前へ
次へ

不動産購入において気になる費用相場

今や不動産購入は活発になっています。価格が下落していることや住宅ローン現在の導入がその背景にあると言われています。しかしそうはいってもやはり不動産購入となりますと高い買い物になるのは間違いありません。このため、多くの人は不動産購入の価格相場に関心を持っているところです。不動産購入における物件価格の相場は物件の場所は季節などによって多少変動しますが、概ね次のとおりとなります。まず間取り2LDKの標準的なマンションの場合、都会においては2000万円~3000万円、地方においては1000万円~2000万円が一般的な相場観です。一方間取り2LDKの標準的な2階建て戸建て住宅の場合は、都会で3000万円~4000万円、地方で2000万円~3000万円が相場です。なお、不動産購入に要する費用としてはこれら物件価格以外にも、不動産購入会社へ支払う仲介手数料や売買契約時に支払う印紙税などといった諸費用も発生しますので、この点は注意が必要です。

Page Top